<< 「めがね」を観る     奇才は去らない >>