<< 授賞作品を考える     “終わり”の気持ちを想像する。 >>