<< 感心する。     日テレ「キイナ」を視る >>